死んだ乳酸菌の話。

この前は死んでいる乳酸菌でも、生きて腸で活動している乳酸菌に力を与えるというか、餌になるということを説明しました。

どうも私はあれがすごく衝撃的で、乳酸菌って本当にすごいなってことを実感しています。

でもそこですごく疑問に感じたことがあります。

いきて腸に届くと言う、よくcmで聞く言葉ですが、これは一体どういうことを意味するのでしょうか。

そこで調べてみるとここもまた驚きのことを発見したのです。

腸に届く乳酸菌をアピールしているのは、要は普通の乳酸菌の場合はいの中の胃酸でやられてしまうということなのですよね。

つまり普通の乳酸菌はほとんど死滅してしまうということです。

仮に腸まで届いた乳酸菌であっても、胃酸でかなりやられてしまうことになるので、

体力的にはもうボロボロでほとんど瀕死の状態になる、と考えると乳酸菌をせっせと取ったとしてもほとんど役に立たないという結論になりますよね。

そこで生きて腸に届く乳酸菌と言うのは、それだけ元気な乳酸菌が腸の中に入るということになりますし、仮に死んでしまったとしても元気な乳酸菌が少しでも腸に届けば、なくなった乳酸菌を食べて元気になることができるいうことですので、いろいろなものがすごく相乗効果として現れるとなると、本当に生きた乳酸菌も死んだ乳酸菌も人間である自分はまなばなければならないことがそこにがたくさん集まっていると

思いました。戦っている乳酸菌。

自分もそれを見習って頑張らなければいけないなと思いました。